仰天ニュースでやっていた「アルビノ」ってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いまなお偏見・迷信があるタンザニア

今日の仰天ニュースでアルビノの偏見の話がありましたね。そもそもアルビノってなんなのって方のためにアルビノについてまとめてみました。






ウィキペディアより

概要

先天的なメラニンの欠乏により体毛や皮膚は白く、瞳孔は毛細血管の透過により赤色を呈する。劣性遺伝や突然変異によって発現する。広く動物全般に見られ、シロウサギやシロヘビが有名である。ほとんどの場合、視覚的な障害を伴い、日光(特に紫外線)による皮膚の損傷や皮膚がんのリスクが非常に高い。また外部から発見されやすく自然界での生存は極めてまれである。そのため、しばしば神聖なものやあるいは逆に凶兆とされ、信仰の対象として畏れられる。また、観賞用としても人気がある。なおアルビノは、正常な遺伝情報により白化した白変種とは異なる。
ヒトのアルビノは医学的に先天性白皮症と呼ばれる。チェディアック・東症候群 (CHS) 、ヘルマンスキー・プドラック症候群 (HPS) 、グリシェリ症候群 (GS) の合併症として起こる色素欠乏を白皮症に含める場合もある。
アフリカ南東部(サブサハラ)では、「アルビノ」の体には特別な力が宿るという迷信から、臓器や体の一部など売却する目的で、アルビノの人々をターゲットにした殺人が後を絶たない。

アルビノの種類とメカニズム

メラニンの生成には、チロシナーゼという酵素が深く関係している。メラニンは、以下の手順で生成される。
1.メラノサイト(色素細胞)中で、チロシンがメラノソームタンパク質によってメラノソーム(メラニン小体)に取り込まれる。
2.チロシナーゼの作用により、チロシンが、ドーパ、次いでドーパキノンへと変換される。
3.ドーパキノンが、チロシナーゼ関連タンパク質-1の作用により、メラニンに変換される。
このように、チロシナーゼはメラニンを合成してゆく過程で不可欠だが、アルビノは遺伝情報の欠損により、チロシナーゼを生成できないか、あるいはチロシナーゼが不活性のため、メラニンを生成できない。上記の第1段階・第2段階・第3段階の異常により、それぞれ下記のOCA2, OCA1, OCA3の現象が起こる。

もっと詳しい情報はWikipediaでどうそ。


Wikipediaのサイトを見る

アルビノの投稿ツイッター抜粋




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5/31まで!プレゼントキャンペーン!

アンケートに答えるだけで豪華賞品が抽選で当たる、ネットサーフィンキャンペーンが2016年5月30日まで実施中!

選べるプレゼントは、

商品券5000円分

JINSブルーライトカットメガネ(度なし)

Microsoftワイヤレスブルートラックマウス

応募は下記リンクよりどうぞ!




ネットサーフィンキャンペーン!アンケートに答えてプレゼントGET!!

プレゼントキャンペーン