姫路の御着駅付近の線路上で人身事故。男性がはねられ重傷。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

御着駅付近の線路上で男性がはねられ重傷

 21日午前1時20分ごろ、兵庫県姫路市御国野(みくにの)町御着(ごちゃく)、JR神戸線御着駅の東約150メートルの線路上で、三木市の自称会社員の男性(33)が、下り最終の西明石発姫路行き普通電車にはねられた。





酔っぱらいか?男性がはねられて重傷、姫路市。

神戸新聞NEXTから

 21日午前1時20分ごろ、兵庫県姫路市御国野(みくにの)町御着(ごちゃく)、JR神戸線御着駅の東約150メートルの線路上で、三木市の自称会社員の男性(33)が、下り最終の西明石発姫路行き普通電車にはねられた。

 飾磨署によると、男性は右足を骨折する重傷だが、命に別条はないもよう。スーツ姿で、事故当時は酒に酔っていたという。現場付近は両側に高さ約1・7メートルのフェンスがあり、同署が線路に立ち入った経緯などを調べている。

 JR西日本によると、乗客約30人にけがはなく、普通電車は約1時間後に運転を再開。他の列車への影響はなかった。


神戸新聞NEXTのページを見る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る