【続報】新宿の紀伊國屋書店女子トイレ事件。その後。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

紀伊國屋書店女子トイレ事件。沢山のリツイートがあった模様

1万以上のRTがあり、沢山の人に関心を持ってもらえたことに投稿者も感謝。たくさんの人に事実を知って頂きたいという目的は果たせたので、事件詳細のツイートは削除しますとのことで、確認する場合は過去記事をご覧ください。





投稿者が感謝とお詫びのツイート

【御礼とお詫び】昨夜ツイートしました『紀伊國屋書店女子トイレ事件』について、本当にたくさんのRTを頂き、たくさんの温かい言葉を頂き、感謝の言葉もありません。
皆様からのメッセージは、ひとつひとつ真摯な気持ちで読ませていただきました。すべてにリプが出来ずに申し訳なく思います。ありがとうございます。
一晩のうちにRTは1万を超え、私の想像以上にたくさんの方々に関心を持ってもらえたことを嬉しく思います。
私が事件の経緯についてツイートをしたのは、痴漢をした犯人への怒りと、店員・警備員の対応についての不満と憤りからでした。
痴漢被害に遭う女性は本当に多く、また泣き寝入りしている人がほとんどという現実があります。
レイプされたら犯罪なのか、胸や尻を触られたら犯罪なのか、写真を取られたら?猥褻な言葉をかけられたら?・・・何が犯罪なのか正直な所、線引きは難しいと思います。
男性からしたら冤罪だと思う事もあるかと思います。
でも今回のように、狭い空間に(それも女子トイレという異性がいるはずのない空間)男が入ってきて、逃げ場を失うというだけで、女性には本当に恐怖しかないのだという事を理解してほしい。
「何もされなかったんでしょ?」この言葉は一番ひどい言葉です。
何もされなくても、女性には常に「何かされるかも」というその先の恐怖があるのです。
それを少しでも多くの方に知ってほしい、理解してほしいと思います。

紀伊國屋書店は、私にとって大好きな場所です。本当によく利用させていただいているし、今月はゴールド会員になるほど本も購入しています。
これからもずっと使い続けたいと思っています。
だからこそ店員や警備員の対応には失望されられました。もちろん彼らは、たまたまダメな対応だったほんの一例かもしれません。
私はその事について憤りはありますが、決して誹謗中傷を目的としたものではないのです。
これを機に、会社として社員教育を見直してもらいたい。犯罪を無くすことは無理でも、抑制することは可能です。
声掛けや気配りひとつで、痴漢の居づらい場所にすることも可能です。
また被害者へのちょっとしたフォローがあるだけでも、ずいぶん救われることはあると思います。
そういうことを提起していければと思っています。

皆様の拡散協力のおかげで、1万以上という私にとっては、想像以上のRTを頂き、たくさんの方に、今回の事を知って頂けたと思います。
たくさんの人に事実を知って頂きたいという目的は果たせました。
ですから、一旦、事件詳細のツイートは削除させていただきます。ご了承ください。
今、紀伊國屋本社宛に、今回の件についてメールを送っています。
まずはそれの回答を待ちたいと思います。
なんらかの回答を頂き、私にとってこの事件は解決したと思えるまでは、これからも皆様に経緯を報告するつもりです。
よろしくお願いいたします。


サイトを見る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る