紀伊國屋書店女子トイレ事件。紀伊國屋書店は何も対応しなかった模様。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

紀伊國屋書店新宿本店の別館女子トイレに男性が・・・

3月7日17時45分に紀伊國屋書店新宿本店の別館にあるコミック売り場の女子トイレで男性が侵入する事件が発生。侵入していた男性を見つけたにも関わらず、店員は「何もされていないんですよね?直接的な被害が無いと、警察呼んでも、時間を取られるだけですよ」事故処理をするつもりはなかった模様。そんな出来事に怒り心頭のユーザーの声をお届けします。





ツイッターで拡散を希望しているツイート

【拡散希望】3月7日17時45分に起きた『紀伊國屋書店女子トイレ事件』について、事の経緯をくわしく1つにまとめることにしました。
紀伊國屋書店新宿本店の別館にあるコミック売り場の女子トイレで事件は起きました。
私が個室から出ると、目の前に若い男性が立っていました。驚いて「なんですか?」と尋ねると、男は黙って逃げていきました。
私は不審に思いながらも、洗面所で手を洗っていると、再び先ほどの男が入ってきました。また「なんですか?」と尋ねると、黙ったままどんどん中に入ってきます。
ここの女子トイレは大変狭く、入口の扉を入ると幅1m弱程度の通路が「く」の字になっていて、途中に洗面所、一番奥に個室が1つあります。通路は大人一人が立つとすれ違うのは難しいくらいの狭さです。そこを男性がこちら目指してどんどん入ってくるものですから、当然とても怖いです。逃げ道はありません。
「なんですか! 人を呼びますよ!」と大声を何度も出したら、ようやく男は逃げました。私はすぐに追いかけましたが、見失ってしまい。仕方なく近くの男性店員に通報しました。
「今、女子トイレに男性が入ってきたんです」と言っても、店員は「はあ、それで?」という反応。「だから二度も入ってきたんです。あれは故意です。痴漢です」と訴えてようやく理解したのか「警備員を呼ぶのでしばらくお待ちください」と言って奥へと引っ込みました。
5分ほど待たされている間、店内で友人2人と立ち読みしているさっきの男を発見!早く店員が戻ってこないかと、イラついている間に、男たちは店の外へとゆっくり出て行ってしまいました。
その直後、店員が戻ってきたので、「今、さっきの男が居ました」と言って、店員を連れて後を追いかけると、1階の出口近くで談笑している男を発見して、「あの人です!」と私が指したので、店員が呼び止めます。
店員が男に事情を聴きたいので事務所に来てほしいというと、男は恐縮したように頭を下げて「さっきのトイレの事ですよね?男性トイレがいっぱいで、我慢できなかったので女子トイレに入ったんです」とびっくりするような言い訳をしました。明らかに嘘です。中に女性がいるのを分かっていながら、二度も入ってきて、その後店内で立ち読みをしていたのです。我慢できなかったとか、そういう状況には見えません。
しかし店員はそれを聞いて、「そうなんですか」とあっさり納得、そのまま帰そうとするので、私が抗議すると、「じゃあ、ここに警備員を連れてくるので待っていてください」と男に告げて、そのままどこかに行ってしまいます。
残されたのは、犯人の男と、その友人の男二人と、私。信じられない状況です。痴漢被害にあった女性と、犯人と友人の男3人を残して、去っていくなんてありえません。
私は怖いので、少し離れて立っていると、男はニヤニヤと笑いながら私に向かって「あんたなんなの?」「オレがあんたになんかするとか思ったの?」「あんたになんか興味ねーよ」と嘲り、驚いた私が「あなた、さっきは謝っていたけど、悪いと思っていないでしょう」と聞くと「ぜーんぜん」と笑いながら悠然と逃げていきました。
唖然とする私の下に、店員が警備員を連れて戻ってきました。警備員は最初私服姿のおじさんだったのでわかりませんでしたが、たぶんあれは「万引きGメン」ではないかと思います。
店員が「あれ?さっきの人は?」ととぼけたことを言うので、私は途端にひどく腹が立ってきました。
犯人に、警備員連れてくるから待ってろと言って、待ってる奴がどこにいるでしょうか?私がその事を責めると、警備員が「じゃあ、警察呼びますか?」と尋ねてきたので、私が一瞬考え込むと、「でも何もされていないんですよね?」と店員に言われました。そして警備員が「触られたとか、何かされたとか、直接的な被害が無いと、警察呼んでも、時間を取られるだけですよ」と言いました。
私はこの時、犯人の男への怒りよりも、目の前の店員と警備員の対応に、腹立たしいというか、悔しいというか、憤りを感じました。
紀伊國屋の店員は、店内で被害にあった女性客に対して、まずは「大丈夫ですか?」という気遣いのひとつもできないのか?
そればかりか、犯人と被害者を一緒に放置し、そのまま犯人を逃がすという体たらく。
警備員も、「トイレに男が入っただけでしょう?」と軽く考えている態度がありありで、事故処理をするつもりはゼロ。
紀伊國屋書店の社員教育はこの程度なのかと失望しました。

「なにもされていないんですよね?」ではありません。何かされた後では遅いのです。狭い女子トイレに、男性が侵入してきただけでも、どれほど怖い事か・・・今後再犯を防ぐためにも、この件については、紀伊國屋に改めて抗議をするつもりです。
ただ女性の皆様には気を付けてほしいと思って、この件の拡散をお願いいたします。長文失礼いたしました。

最後に・・・

もっと親身に対応しないとねー・・・ 普通、女子トイレに男子が入ることはまずないしね。
漏れそうだったら別の男子トイレに走るべきだろうし。

関西では、たまに「今だけ男子!」とか言ってオバちゃんが男子トイレにいますけどね(笑)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小遣い稼ぎサイトの決定版モッピー(moppy)のメリットと換金方法について。

現状で最強のお小遣い稼ぎサイトの「モッピー」に登録してみました。
そもそもどうやってお金が貯まるのか、それからどうやって換金するのかを書いてみました。
暇な時間にポチポチ押して貯めれるので学生さんとかにはオススメかもしれません。
貯めたポイントをiTunesコードと交換して、アプリの課金に使えるので、今まで無課金で頑張っていた人も周りにちょっと差をつけられるかもしれません♪

記事を読む